イヤイヤ期にさしかかる息子を育てるママの育児日記。毎日大変ですが、頑張ります!

近所の猫がうちのベランダでくつろいでいる

うちの2件隣に、猫を飼っていらっしゃるお宅があります。

その猫、たまにベランダの仕切りをくぐって、
うちのベランダまでやってくるのですよね。

息子に言われて気が付きました。
野良猫は子供にはちょっと怖いですけど、飼い猫ですからおとなしいものです。

こちらが見ていることに気づいても、
ベランダにゴロゴロ寝そべってくつろいでいます。



そんな感じでたまにやってくる猫を眺めて楽しんでいた
のですが、ある時、その猫を飼っていらっしゃるお宅の
奥さんが猫を抱っこし、家までお菓子を持ってやってきました。

勝手にベランダに侵入してごめんなさいとのことです。

うちにしてみると、息子も喜ぶしかわいらしい猫ちゃん
なので、まさか謝られるとは思いませんでした。

ですが、嫌な方はいるかもですね。


その奥さんによると、猫がベランダに出ているのは
知っていたのですが、今の今までよそ様のお家にお邪魔
していることを知らなかったのだとか。

別のお家の方に、ベランダの草をかじられた
というクレームを受け、気がついたそうです。

最近は隣近所でも顔を知らないことなんてザラにあり、
気さくな関係ではなくなっていますから、トラブルになっては
大変と、お菓子を持ってご近所さんを訪問しているのだとか。

息子はもらったお菓子と、奥さんが抱っこしている
猫がとても気になるようでじーっと見ています。

これまで猫に触ったことはなかったのですが、
頭を撫でさせてもらいました。

ふわふわの長毛種の猫ちゃんで、とっても柔らかいです。

びっくりするからそーっと触ってねと言ったら
本当に恐る恐る頭を撫でていました。

息子にしてはかなり慎重です。



それからしばらくの間、猫を飼いたいと言い続ける息子。

動物を飼うというのは悪いことではないのですが、
今は息子だけでも手がかかっているというのに、猫なんてとんでもありません。

掃除も大変になるし、面倒を見なくてはならないのは確実に私です。

もし飼うのだとしても○○が大きくなってからね、
と言い聞かせるのですが、だだをこねる息子。

猫のことを口に出さなくなるまで、結構大変でした。



猫ちゃんのお宅の方がお菓子を持って訪れてからというもの、
その猫ちゃんがうちのベランダにやってくることはなくなりました。

さみしい反面、息子が猫のことを思い出したらまたうるさく
なるかもしれないということを思うと、ほっとしていたりもします。

動物は、犬を昔飼っていたことがありますが、
動物のお世話って多くの方が思っているよりも大変なのですよね。

おちおち旅行にも出られませんし、病気をすると本当に大変。
犬と猫とではまた違いますが、食事だって色々気を配る必要があるのです。

また高齢になると病気もしやすく、体調管理には手間もお金もかかります。
老猫の飼い方で気を付けてあげたい7つの事とは
本当、大変なんですよ。

息子が大きくなって自分で世話ができるというのならば
検討しても良いですが、今の時点では絶対無理です。











もくじ