イヤイヤ期にさしかかる息子を育てるママの育児日記。毎日大変ですが、頑張ります!

本気のトイレトレーニングを開始 準備のお話

本気のトイレトレーニングを始めたのは3歳4カ月のころ。
ちょうどゴールデンウイークでした。

連休中ということで夫も在宅。
行楽地はどこもかしこも人混みに加え、行くまでの高速道路もほぼ渋滞。

一日だけおむつで子供向けの遊園地に行きましたが、
それ以外は家でトイレトレーニングに集中することに。



まずは連休が始まる前日の夜、「もうおむつがなくなった
から明日はパンツはいてね♪」と予告しておきます。

夫には「おむつは夜まで履かすな」ときつく言っておきます。
途中で面倒になって、おむつ履かせて楽しようとするのはお見通しです。

息子が寝たらおむつを隠し、翌朝からパンツです。



2歳半で買った6層パンツ2枚、トレーニング用のアンパンマン
のパンツ2枚に加え、今回普通のパンツを4枚足しました。

最初は6層パンツを履かせてみたのですが、若干きつそう。
1年の成長を感じます。

今回は極力パッドは無しです。

このトイレトレーニングというものは、ジャーっと漏らさせて、
その不快な感覚が分からないとトイレでできるようにはならないそうです。



私の実母にそれとなくおむつ外しの話をしたところ、
「何枚絨毯を買っては捨てたか・・・。

そのころは家じゅう臭かった・・・。」とのこと。

当時は畳だったので絨毯必須でしたが、
今は我が家はフローリング。

洗えないビーズクッションはひとまず
高いところに片づけておきました。



トイレトレーニングの方法でよく聞くのは、
トイレでできたらシールを貼る、というもの。

トイレでご褒美??なんか気が進まないんですよね。
ひとまずこれは様子見て、ということにしました。











もくじ