イヤイヤ期にさしかかる息子を育てるママの育児日記。毎日大変ですが、頑張ります!

トイレトレーニング トレーニング用パッドのお話

3歳を過ぎ、お友達でおむつを卒業した子もちらほら。

4,5月生まれの子と1,2月生まれの子を比較できるもの
でもないのですが、そろそろトイレトレーニングの時期がやってきました。



このトイレトレーニング、我が家では2歳半の時にも
ちらっと実行してみたのですが、全然ダメでした。

布パンツに張り付ける使い捨てのパッドが売っており、
まずはそれを使ってみたのですが、おむつの感覚と
変わらないようで、子供にとっては全く意味を成しませんでした。

きっと神経質な子だったら多少の効果はあるんでしょうが、
生れてから3年、24時間つけっぱのおむつ。

一回二回の尿だけで取り換えたりしなかったので
パッドが濡れてさらに漏れてもあまり違和感を感じなかったようです。



パッドなしで6層パンツだけを履かせたこともあったのですが、
漏れることを体感した後は、「トイレ」というのではなく、
尿を小出しにしていつの間にか絨毯、ソファーに浸みている、という具合でした。

もしかしたらまだ膀胱がいっぱいになる感覚が
脳に伝わってないのか?

一つ年上のお友達のママから、「膀胱の感覚が脳に伝わるように
なるのは3歳になってから」という情報も得て、2歳半の
トイレトレーニングはあっけなくあきらめました。

よく考えたら息子、まだあまりしゃべれないし、
便の時も臭いで知りおむつ交換してるくらいです。

パッドの感覚もおむつと一緒なのに急に「さあ
トイレトレーニングだ〜!!」といったところで理解できてなかったようです。

最近のおむつの性質もとても肌触りがよく、
すぐにサラサラになるのもこの時期になってくるといいのか悪いのか・・・。



今回、再びパッドも使い始めたのですが、やはり無意味でした。

それでも時々使った理由は、
親が少しの間気が休まるからなのです。

常に息子の膀胱具合を気にしているのも精神的に疲れるのですよね・・・。










もくじ