イヤイヤ期にさしかかる息子を育てるママの育児日記。毎日大変ですが、頑張ります!

子供だから・・・なんて言ってられない 本気の喧嘩勃発!

育児センターで暴行はなくなったとはいえ、
家ではまだまだ激しくイヤイヤのままです。

今頃イヤイヤ期??と思いながらネットを見ていると、
どうやらこれは反抗期のようです。
子供の反抗期は4歳から本格化って本当なの!?

あまり言葉をしゃべらない時期の「イヤだ〜」は
そこまで腹が立つことはなかったのですが、
しゃべれるようになるとこの反抗期はほんっとにむかつくんです。



このころに、後から思うとほんっとに
しょうもない事で大喧嘩をしました。

「すき焼き事件」と呼んでいる出来事をご紹介したいと思います。



ある土曜日、息子に晩御飯のメニュー何がいいか聞きました。

私の予想では昼間に読んだ絵本に出てきたカレー
かなぁ?と何となく思っていたのですが、返ってき
た答えはなんと「すき焼き〜!!!!」

この日夫は休日出勤。
いつもよりは早く帰れるかな〜とラインしてみました。

「今日すき焼き食べたいらしいけど早く帰れるの?」

速攻で「了解!!!」の返事がきました。



冷蔵庫の中には白菜、ネギ、シイタケ、
大根、すき焼きのタレも入っていました。

散歩がてらお肉(安いやつ)と焼き豆腐と
白滝あたり買いに行ったらオッケーだね、
ということで自転車乗ってお買い物行きました。

すき焼きなんて材料切っておけば準備完了。
夫もすき焼きの口で帰ってきました。



準備はすでにできています。
「今日はすき焼きだね」と言った瞬間、

「すき焼きじゃなくて、カレーラ イ ス!!!!!」

そこからカレーカレーカレーカレー・・・。
夫の方を見ると「いやいや、すき焼きっしょ・・・。」

そりゃそうです、最初にすき焼きと言ったのは息子です。



日ごろのイライラも募っており、
わたくし大爆発してしまいました。

「カレーなんて今から作れるかー!!!!!!」

大声で怒鳴りちらし、日ごろの不満をぶちまけてしまいました。



しかし息子も負けてません。
さらに大きな声で泣きながら、何かわからないことを叫び続けています。

約10分くらいでしょうか、二人で大声で喧嘩し、
息子がちびっているようでしたので収束となりました。

結局その日はすき焼きでしたが、私のイライラは
なかなかおさまらず、今までで一番おいしくない
すき焼きとなってしまいました。











もくじ