イヤイヤ期にさしかかる息子を育てるママの育児日記。毎日大変ですが、頑張ります!

息子の横暴に謝りたおす日々

知恵がつき、小さい子に手を挙げるようになった息子。

一応私は育児センターでは息子にぴったり張り付き、
息子が他のお子さんに手をあげそうになるたびに腕をつかみ、
叩かないように言い聞かせていました。

しかし、ぴったり張り付いていると逃げようとする息子。

追いかけまわすのも疲れて、一人で遊んでるなら大丈夫かと
少し離れた瞬間、ものすごい勢いで息子は他のおもちゃの所へ走っていき・・・

そこで遊んでいた年下のお子さんを押し倒してしまうのです。



お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子ならおかあさんも
そこまで気にされない感じなんですが、1歳代の一人目さんの場合はそうはいかず。

私はものすごく睨まれ、時に息子自身が怒鳴られるまで
とはいかずとも、割と大きな声で怒られてしまうこともありました。



育児センターという場所は赤ちゃんも多いんですよね。

春秋は花粉症、夏は猛暑、冬は寒いし、という理由で
私も息子が赤ちゃんの頃から利用しているのですが、
段々肩身が狭く感じるようになってきました。

育児センターに行く度に同じことを繰り返す息子。
そして謝りまくる私。

行くのをやめたいところなんですが、息子はそこの育児
センターが大好きで行かなかったら行かないで家でグズグズになるんです。

ネットなどでいろいろ調べて毎日のように実践するも、息子にはあまり効果がなく・・・

息子はともかく、息子が余所の子をたたいたときの
お母さん(私)の態度の在り方については参考になりました。(以下の記事)
友達を叩いてしまう3歳児!乱暴な子供との向き合い方と親の対応方法



そんなある日、一人のお母さんがやっていたことを思い出しました。

息子の一つ上の学年の男の子のお母さんなんですが、
自分より年下の子に手を上げたら即帰る、というルールです。

子供同士仲は良かったのですが、仲がいい故おもちゃの
取り合いも多く、よくケンカもしていました。

うちの息子がその子に叩かれて泣いたときもすぐ帰りました。
「来る前に決めてきたことだから、もう少し遊びたいけどごめんね。」と。

私もこのやり方を取り入れることにしました。

家を出る前に、お友達を叩いたり押したりしたらすぐ帰る
ということを目を見てしっかりと話し、そして実行しました。

着いて10分で帰った日もありましたが、
段々暴行は減っていき、私の作戦は成功したのでした。











もくじ